まる商なはは

地域活動支援センター「まる(しょう)なはは」 とは?

まる商なはは・相談室ほくほく入口(センタービル)

 精神障害を対象に平成14年3月に『小規模作業所』として開所。平成15年4月より『札幌市精神障害者小規模作業所運営事業』の対象となりました。自立支援法施行を踏まえ、平成19年4月1日より地域活動支援センターへ移行しました。


名前の由来

 「まるしょう なはは」と読みます。私たちは、社会活動(人との関わり)へ参加することそのものがもっとも効果的なリハビリテーションである、と考えています。その為、作業内容にはあえて障害者が苦手とされる「対人援助サービス」を選び、ケーキ店などの「商売」を活動に取り入れてきました。苦労も多い「商売」の中で、仲間と助け合いながら「なはは」と笑って行こう! そんな願いが込められています。 
(現在、商売の部分は就労継続支援B型事業所「シフォン亭ほやほや」に引き継がれています)